国重の刃紋と黒地に金の切り返しを再現天才軍師 黒田官兵衛拵え
黒田官兵衛が信長より拝領したと云われる名刀「圧切長谷部」を再現しました。
無礼を働いて膳棚下に隠れた茶坊主を机ごと「圧し切って」成敗し、引かずとも押し当てるだけで切れることから「圧切」と呼ばれたとされています。
刀匠は建武期の刀工である「長谷部国重」の作であり、昭和28 年3月国宝指定され現在は福岡市博物館で所蔵されています。
【全長】 約105cm
【刃渡】 約73cm
【柄長】 約25.5cm
【重量】 約1215(936)g








【10%OFF】 戦国武将シリーズ 剣袋付き 【NEU-124】 拵 圧切長谷部 黒田官兵衛-その他

ページの先頭に戻る